新型コロナウイルスのワクチン接種を促進するためには、ワクチンを接種する際や接種後に発熱等の副反応が出た場合のほか、家族の接種の付き添いなどの際に、従業員が休暇等を取得できるよう、職場環境を整備することが必要です。

 このため、東京都では、新型コロナウイルスワクチンの接種及びそれに伴う事由を理由とした特別休暇制度との整備に取り組む中小企業等に対し、無料で専門家を派遣し、助言等を行います。

詳しくはこちらをご覧ください。