令和4年度 全国労働衛生週間

                                                                                       期間            令和4年10月1日~10月7日

                                                                                       準備期間     令和4年9月1日~9月30日 

  スローガン 「あなたの健康があってこそ 笑顔があふれる健康職場」

 全国労働衛生週間は、昭和25年の第1回実施以来、今年で第73回を迎えます。この間、全国労働衛生週間は、国民の労働衛生に関する意識を高揚させ、事業場における自主的労働衛生管理活動を通じた労働者の健康確保に大きな役割を果たしてきたところです。

 労働者の健康をめぐる状況については、過労死等事案の労災認定件数が、令和3年度に全国で801件となっており、また、仕事や職業生活に関する強い不安、悩み又はストレスを感じる労働者は、依然として半数を超えている状況にあります。

 新型コロナウイルス感染症のり患による休業4日以上の労働災害は、令和3年には19,000人以上発生しており、事業場で留意すべき「取組の5つのポイント」をはじめ、各事業場の実態に即した感染予防対策を徹底し継続することが求められています。

 また、長時間労働、仕事や職業生活における強い不安やストレス等による労働者の健康障害、メンタルヘルス不調、暑熱な環境における熱中症などにより、重大な災害も発生しており、いまだ労働衛生対策が必要とされる状況にあります。

 また、人生100年時代に向けて高年齢労働者が安心して安全に働ける職場環境づくりを推進していくための若年期からの健康づくり等の取組、病気を抱えた労働者に対する治療と仕事の両立支援体制の強化、化学物質等による健康障害防止及び中皮腫、肺がん等の職業がんにかかる石綿などのばく露防止対策の強化のなど、労働衛生対策の推進が重要です。

 つきましては、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策にも留意しつつ、労働衛生意識の高揚と自主的な労働衛生管理活動の一層の促進を図られるよう 「令和4年度全国労働衛生週間実施要綱」に基づき、上記スローガンの下、積極的に安全衛生管理に取り組んでいただきますようお願いいたします。

池袋労働基準監督署

 


池袋労働基準監督署長要請文(PDF)はこちら