令和4年度 全国安全週間

 期間         令和4年7月1日~7月7日 

準備期間       令和4年6月1日~6月30日 

 スローガン    「安全は 急がず焦らず怠らず」

 全国安全週間は、昭和3年に初めて実施され以来「人命尊重」という崇高な基本理念の下、「産業界での自主的な労働災害防止活動を推進し、広く一般の安全意識高揚と安全活動の定着を図ること」を目的に、一度も中断することなく続けられ今年で95回目を迎えます。

 わが国における労働災害は長期的には減少しているものの、近年、就業人口の高齢化による高年齢労働者の労働災害や、転倒や腰痛といった、労働者の作業行動に起因する労働災害が顕著に増加していることから、労働災害全体の件数が再び増加に転じている状況となっています。さらに、死亡災害も令和3年は増加に転じるなど予断を許さない状況にあります。

 このような状況において労働災害を減少させるためには、事業者・労働者双方が労働災害防止のための基本ルールを徹底し、またそれらを遵守・実行するための時間的・人員的に余裕を持った業務体制を構築することが重要です。

 つきましては、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策にも留意しつつ、更なる労働災害の減少が図られるよう、関係各界での安全意識の高揚と安全活動の定着のため、「令和4年度全国安全週間実施要綱」に基づき、上記スローガンの下、下記事項にご留意の上、積極的に安全衛生管理に取り組んでいただきますようお願いいたします。

(1) 全国安全週間準備期間においては「高年齢労働者の安全と健康確保のためのガイドライン」等を活用して、労働災害防止のための総点検の実施を行うこと。

(2) 安全大会等においての経営トップによる安全への所信表明を通じた関係者の意思の統一及び安全意識の高揚を図ること。

   池袋労働基準監督署