沿革

昭和53年 4月 板橋公害防止管理者研究会設立(初代会長:金谷勇、正会員:110、賛助会員:92社)
昭和55年12月 「東京都2級公害防止管理者資格取得講習会」実施 (以後継続実施、東京工団連共催)
昭和62年 4月 (株)シルベニア社長「永安剛三」第2代目会長に就任
昭和63年 6月 「設立10周年記念式典」開催
平成4年 6月 「東京都環境賞」受賞
平成5年 5月 「板橋産業連合会地球環境憲章」起草
平成6年 5月 「地球にやさしい企業行動計画」の策定指針を策定
平成9年 6月 (株)萩原商事社長「萩原利二」第3代目会長に就任
平成12年 2月 朝岡香辛料(株)会長「朝岡勇」第4代目会長に就任
 
「第1回自治体環境グランプリ(奨励賞)」受賞
平成13年 5月 「公害研ニュース」200号突破
6月 研究会名称が「板橋公害防止管理研究会」から「板橋環境管理研究会」に改称
7月 研究会ニュース「公害研ニュース」が202号から「板橋環境管理ニュース」に改称
平成16年 6月 (株)リネス社長「坂本大太郎」第5代目会長に就任
平成25年 2月 「設立35周年記念式典」開催
平成26年 6月 日本無機化学工業(株)常務取締役「吉田 栄」第6代目会長に就任