沿革

昭和16年 4月 産報会館(現産連会館竣工)
12月 産業報国会板橋支部に変更
昭和20年 9月 産業報国会解散 板橋工業倶楽部設立(東京光学機械 金森次郎理事長)
昭和21年 3月 板橋産業協議会設立(理事長 金森次郎)
昭和22年 6月 板橋産業協議会が使用していた(産報)会館を板橋労働会館と改称
9月 板橋労働基準監督署が労働会館の一室で開署
昭和23年 6月 板橋産業協議会、労働会館の土地および会館の所有権を登記
9月 板橋労働基準監督署庁舎建設協賛会の設立。会員より募金活動
昭和24年12月 労働基準監督署の協力団体として労働基準法推進会板橋支部設立
(労働基準協会の前身初代会長 安西鉄工所 安西伊之助)
昭和25年 8月 板橋産業納税協力会と労働基準法推進会並びに板橋産業協議会の業務・事業を一本化して行うため板橋産業連合ができる
昭和27年 5月 金森初代会長勇退。田栗惣十(昭和金属工業)会長就任
昭和29年 7月 会員から出資金を募集し、会館の土地を買収することを決める。
板橋産業連合を板橋産業連合会と改称
昭和30年    志村分会、前野分会の一部会員で清水分会を結成、8分会となる
昭和31年 6月 産連創立10周年記念式典を区民会館で挙行
12月 会館改修落成式挙行、板橋産連会館と改称
昭和32年 4月 社団法人 板橋産業協議会の名称を社団法人 板橋産業協会と改称
昭和41年10月 20周年式典を池袋東武会館で開催
昭和42年 3月 区と共催で、「板橋区産業と勤労者文化展」を開催
昭和43年    この年から区との間で板橋区工業振興対策事業委託契約を締結
昭和44年    奥川由松(奥川機械工業)会長に就任
昭和46年 3月 産連会館建築に着工
昭和47年10月 板橋産連会館落成式挙行
昭和50年 5月 金谷勇(協和精工)会長に就任
昭和51年 3月 創立30周年記念式典挙行
昭和53年 4月 板橋公害防止管理者研究会設立 初代会長 金谷勇
昭和58年 5月 八代秀蔵(トックベアリング)会長に就任
昭和61年 5月 創立40周年記念式典挙行
昭和63年 6月 板橋公害防止管理者研究会設立10周年記念式典開催
平成 2年 5月 定時総会において副会長が従来の5人から6人になる
平成 3年 5月 この年から広報委員会が設置され、「板橋産連ニュース」の編集発行が総務委員会から移管
平成 4年 6月 板橋公害研、「東京都環境賞」を受賞
平成 5年 5月 「板橋産業連合会地球環境憲章」を採択
平成 6年 6月 「環境にやさしい企業行動計画」を報告
平成 7年 4月 健康診断、バスハイキング行事等を厚生委員会が担当することになる
平成 8年 9月 創立50周年記念式典挙行
平成 9年 5月 八代会長退任、新会長に安達芳雄(安達光機)就任
10月 第1回いたばし産業見本市を後援
平成13年 5月 安達会長勇退、工藤民雄(工藤プラスチック工業)会長就任
6月 「板橋公害防止管理者研究会」を「板橋環境管理研究会」と改称
平成19年 5月 工藤会長勇退、吉川宏(トックベアリング)会長就任
平成25年 4月 「一般社団法人 板橋産業連合会」に法人名称を変更
平成29年 5月 吉川会長勇退、大島隆夫(三星光機製作所)会長就任